アートを気取った落書きを超えろ

私はとにかく子供の頃から絵を描くのが好きで、学校の休み時間は絶対に絵を描いて過ごしていたものです。私は色々なタイプの画家を尊敬していたので、色々なタイプの画法を当然真似していました。しかし中でも同級生達に好評だったのが、漫画風のタッチの絵で、実際に絵を描くだけでは飽き足らず、創作漫画も作っていたりしました。

私が作った創作漫画は同級生達の間で人気が沸騰しており、その当時はもしかして将来漫画家としても成功してしまうかもしれない等と、まさに子供らしい夢を抱いていたものです。

実際絵描きも漫画家もとても近い職業だと思うので、絵を描くことが大好きな私にはぴったりだと思ったのです。しかし漫画というのはただ単純に絵を描くだけでなく、ストーリー性も当然求められます。なので私にはとても無理だと、ある時思うようになったのです。結局漫画に関しては私は読むことだけが好きなのであって、漫画家になって将来的に食べていこうと思うまでには至らなかったのでした。

しかし依然として絵を描いて生活をしていきたいという思いを捨てることは出来ず、私は中学校高校と美術部に所属し、特にデッサンに力を入れて頑張りました。更に美術部の顧問に美大に行くと良いとアドバイスをされたので、頑張って美大を受験しました。しかし当時私はしっかりとデッサンを頑張っていたにも関わらず、どこの美大にも合格することは出来なかったのです。そして結局美大とは全く関係のない、普通の文系の大学に進むこととなったのです。そして大学卒業後は当然画家となることもなく、普通の会社員として暮らすことになったのです。

しかし普通の会社員となってからも、絵を描くということは休日の日等に行っていました。いつしか私は絵を描いて食べていけなくても良いから、とにかく自分の絵を沢山世の中に残せるような生活をしたいと思うようになりました。そして会社員である以上は定年退職するまでは難しいと思っていました。しかし還暦を過ぎてから始めても遅くはないと思ったので、とにかく会社を定年退職したら絵を描く活動に専念しようと思い、その為に貯金も必死で頑張ったものです。そして少しでも絵の創作能力を上げようと思って、いつしか絵画教室にも通うようになりました。しかしそこの教室の先生は私の絵を見て、アートを気取ったただの落書きだと言ってきたのです。私はこの先生のきつい言葉に少々怒りを覚えましたが、その先生は私が定年後は絵を描いて生活していきたいとの希望を知っていたからこそ、あえてそのようなきつい言葉を投げかけてきたのだと前向きにとらえることにしました。

その後は絵画教室に通って厳しい先生からアドバイスを貰いつつも、街をカンバスにアートとして作品を残す活動を続けていきました。私はとにかく自分が住んでいる街のことが大好きだったので、一枚でも多く街の美しい姿を描いた作品を残したいと思ったのです。そして絵画教室の先生にも随時完成した街の絵を見せて評価してもらっていました。先生は技術は荒削りだけど、街に対する愛情がよく現れている素晴らしい絵だと、毎回褒めてくれました。

すっかり自信をつけた私は更に創作を頑張ることになり、何といつしか絵画を私が教える立場になっていたのです。そして還暦をゆうに過ぎた今では弟子が2人付き、海外からも私に絵を教えてもらいたいとやってくる人が現れるようになったのです。今はこうして絵画を教える先生として生活をしているのですが、私は本当に絵を愛しているので、絵と関わりのある生活を送ることが出来るようになって、本当に心から嬉しく思うのです。当時私が通っていた厳しい絵画教室の先生が色々なアドバイスをしてくれたおかげだと思っています。

その後、人生が一転し、現在は別のキャンバス、街に直接アートを描く、ストリート・アートをメインに活動しています。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 自己紹介

    アートの世界で老後を過ごしたいと願っています。最近はストリート・アートに目覚め、弟子を引き連れて日夜CITYに生き様を残しています。もちろん許可を得てからやってます。休日は『スプラトゥーン』でインクを撒いてます。
  • ↑ PAGE TOP