幼少期から絵を描くことが好きで美大を目指すも夢破れ、サラリーマンとして生涯を送ってきた男が、定年を迎えてから夢だったアート活動を再開し、今ではストリート・アートで弟子を二人抱えるまでに至った話。

絵師が贈るストリート・アート

幼少期から絵を描くことが好きで美大を目指すも夢破れ、サラリーマンとして生涯を送ってきた男が、定年を迎えてから夢だったアート活動を再開し、今ではストリート・アートで弟子を二人抱えるまでに至った話。

ページの先頭へ戻る

披露宴でオープニングムービーを流す人は最近増えてきています。実際にプランナーさんにすすめられて、作成をするという人も多くおられます。オープニングムービーとは、新郎新婦が入場をする前に流すビデオのことです。このオープニングムービーには、いくつかの役割があるのです。これから披露宴がスタートしますよ、という前振りの意味もあります。

また、会場に一体感を生み出すという重要な役割を持っています。披露宴には、新郎新婦のそれぞれの友達とか親戚がきています。みんなが面識があるわけではないので、テーブルごとの会話となってしまいます。そのため、会場は一体感のないばらばらの状態となってしまいます。でもここでオープニングムービーを流すことで、会場のみんなが同じ映像をみて同じシーンで笑い、同じシーンで驚くことになります。

すると、不思議なことに、会場に一体感が生まれると同時に、これから披露宴がスタートするんだという心の準備をすることもできるのです。オープニングムービーを活用することで、新郎新婦の入場もスムーズにしてくれますし、ゲストの心にも一体感を生み出すことができるのです。大げさに感じる人もいるかもしれませんが、オープニングムービーが、披露宴で一体感をうみ、期待感を高める演出となることは間違いありません。とても重要なムービーなのです。そのため、最近は、披露宴の最初に流す人が増えてきています。あるのとないのとでは全く違うのです。

結婚祝いに人気の名入れワイン

Copyright (c) 2014 絵師が贈るストリート・アート All rights reserved.